AGAの診断は遺伝子調査で

進行したAGA症状

最近よく耳にするようになったAGAですが、薄毛の方が全員AGAだという訳ではありません。症状で判断することも可能ですが、基本的には遺伝子検査を行う必要があります。

 

似た病気として、フケが原因の粃糠性脱毛症や皮膚病が原因の梅毒脱毛症が存在し、これらとの見分けが付き難いので遺伝子調査をした方が確実です。一昔前だと病院でしかこの遺伝子調査を行うことが出来ませんでしたが、今では自宅でAGAかどうか検査することが出来るキットというのも発売していて、非常に気軽なものとなりました

 

少しでもAGAの疑いがある状況ならば調査するに越したことはありません。将来の脱毛進行度を知ることが可能ですし、治療薬が有効かどうかなどを知ることが出来るので、もし心配ならば調査すべきですね。

 

キットを使わずにチェックする場合は、薄毛が進行しているかどうか、親族に薄毛がいるかどうか、抜け毛が増えたかどうか等になりますが自己診断はあくまで目安です。自己診断チェックのようなものをおいてあるサイトというのもあるので、遺伝子調査をするかどうかの目安にするというのも悪くないかもしれませんね。

 

結局はきちんと調査しなければわからないので、自己診断で可能性があると出ても過信してはいけません。先にも言いましたが、今は自宅でも調査できる時代なので少しでも疑いがあるならば調査しましょう。病院での調査は少し料金が高いですが、診断されればすぐに治療が受けられるという点では便利ですね。早めに治療した方が効果が現れやすいと言われているので早め早めに行動すべきです。

AGA治療における通院頻度

AGAクリニックの医師

いざAGA治療を受ける決意をしても通院頻度というのは気になってきますよね。仕事なども関係してきますから、通院頻度によってはAGA治療に限らずなかなか難しいという方もいらっしゃると思います。

 

実際AGA治療を行う際の通院頻度というのは治療法によって変わってきます。すべての治療方法は一回行えばすぐに効果が現れてくるといったものはないので、必然的に何度も治療を行わなければいけません。そういった際に一体どのくらいの頻度で通わなければいけないのか、などは心配ですよね。

 

結論から言えば大体がそこまで頻繁に通わなければいけないと言う事はなく、一ヶ月に一回ほどと考えておけばいいみたいです。仕事の関係上どうしても昼間や夕方が難しいという方は夜間診療を受け付けている病院というのも存在していますので、そういった病院で治療を受けるようにすればいいと思いますよ。

 

個人差はあると思うのですが、大体治療に要する期間というのは半年ほどのようなので費用面でどのくらい掛かってくるかある程度の予測がつけやすいですね。費用については病院や治療法によって変わってくるので事前の下調べや、カウンセリングでの確認を忘れずにしておきたいところです。

 

半年通院しなければいけないとだけ考えてしまうと拘束期間が長いと思ってしまいそうですが、一ヶ月に一回なのでそこまで拘束されてしまうという事はないので治療を検討しているという方はそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。通院期間や頻度が気になっていまいち治療に踏み切れなかったという方は検討してみては如何でしょうか。

 

治療費に関しては平均すると月額8,000円〜30,000円程度が多いようです。また、増毛となると月額が20,000円〜100,000円、自毛植毛となると月額ではなく単発で1,000,000円ほどが必要となります。治療の方法によって必要となる費用も異なるのです。自毛植毛は単発で費用が高額にかかりますが、その後の維持するコストが発生しない分、長い目で見ると安く抑えられる特徴があります。男性だけでなく女性で植毛を選ぶ人も増えてきています。しかも、発毛効果的にも非常に優れています。

 

参考:自毛植毛費用比較

AGAは医療費控除可能なのか

包茎で悩む男性

AGA治療といえば保険適用外ということで有名です。しかし深刻な悩みとなっている方も多いと思いますから高額でも治療を受けるという方も多いでしょう。AGA治療の代表的な薬といえばプロペシアですが、これが一錠250円程度。一日一錠飲んだとして軽く計算しても7500円となってしまいます。保険が適用される薬に比べてだいぶ高額となってしまうので、せめて医療費控除は出来ないのかと考えている方も多いようです。

 

医療費控除の対象になるものには非常に様々なものが存在しますが、基本的には医師による診察、治療や療養に必要な医療品の購入対価を指すようです。これを考えれば医療費控除に当てはまるように思ってしまいますが、医師による治療の全てがこれに当てはまる訳ではありません。

 

例えば、AGAと同じくらい男性の悩みに多い包茎に関しても、状態によっては保険が効く場合も効かない場合もあります。どこの病院を選ぶかにもよりますね。AGAの治療を行っているクリニックの中には、包茎の治療を行うところも珍しくありません。

 

結論から言うとAGA治療は医療費控除に当てはまらないんですね。しかしながら、精神的な理由であったりAGA以外の病気から影響を受けてAGA治療を受けなければならないとなった場合は対象に当てはまるという可能性は大いにあり得ます。

 

このように、AGAといっても必ず対象にならないという訳ではなくその人その人の状況によってきます。不可能な場合が多いことは事実ですが、不可能と決め付けてしまうのは少し勿体無いと思います。AGAの発症に精神的な理由などをお持ちの方は税務署などで事前に確認を取っておくことが懸命だと思います。この問題に関してはAGAに限らないことですが、やはり可能なのであれば受けたいものに変わりはないので駄目元でも確認してみては如何でしょうか。


このページの先頭へ戻る