ジヒドロテストステロンと男性型脱毛症

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の最大の原因とされている強力な脱毛作用のある男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは皮脂腺の受容体と結びついて過剰に皮脂を分泌させてしまいます。このせいで毛穴を塞ぎ、毛髪の成長を妨げてしまい男性型脱毛症を引き起こします。

 

更に、成長を妨げるだけに留まらず毛乳頭の受容体に結びついて毛髪が成長しきる前に抜け落ちてしまうようになります。このようなことが重なっていき、最終的には毛髪が失われていってしまいます。

 

これを読んだらお分かりかと思いますが、すぐに髪が脂ぎってしまうなどの自覚がある方は特に注意すべきでしょうね。ジヒドロテストステロンへ対策する事によって自動的に男性型脱毛症の対策に繋がるので男性の方であれば対策するに越したことはありません。

 

では具体的にどうすればいいのか、という話になりますね。ジヒドロテストステロンが出来る理由と言うのはテストロンが5αリダクターゼTypeUという還元酵素の影響で変換される為です。ちなみに、テストロン自体の効果というのは生殖器の増大や性欲の増加、筋肉の成長などの作用があります。

 

これを変換させないためには5αリダクターゼ酵素を阻害する必要が出てきますね。それに有効とされているのがフィナステリドと呼ばれるものです。これはそのまま5αリダクターゼ酵素の働きを阻害してくれる為のもので、効果があることが期待できます。これが男性型脱毛症治療に良く使われているプロペシアという薬になります。しかしこの治療には保険が効かず、すべて自己負担というのは注意しておきたいですね。


このページの先頭へ戻る