男性ホルモンレセプターとは?

男性ホルモン隆々の男性

薄毛などでどうして後頭部や側頭部は毛髪が残るのか。そのような疑問を抱いたことがある方は多いと思います。いっそ全てなくなってくれた方がすっきりするという方もいらっしゃるでしょうか。その理由は前頭部や頭頂部に男性ホルモンレセプターというものがあるのに対し、後頭部や側頭部の毛乳頭細胞には男性ホルモンレセプターがないというのが原因です。

 

この男性ホルモンレセプターというのは、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に対する受容体となっています。このジヒドロテストステロンと受容体が結合することで脱毛因子が生成されて脱毛に繋がっていく訳です。ですから、そもそもそれが存在しない後頭部や側頭部は脱毛しないということになります。

 

また、この悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンという物質は、AGAを発症しているような特定の男性のみに発生する物質ではありません。AGAが発症してしまう原因と言うのは実は男性ホルモンではなくこの受容体の方なんですね。

 

受容体は誰しもが一定数持っているという訳ではなく、あまり持っていない人は持っていないし持っている人は持っているというもの。脱毛の原因は男性ホルモンだと思われがちなのですが、基本的な原因はこちらの男性ホルモンレセプターにあります。どうして自分だけ脱毛が進行していくのだろうかと思うかもしれませんが、原因はどれほど多く分布しているかどうかです。ですから、如何に分布を阻害するかが鍵になります。


このページの先頭へ戻る